乾燥性敏感肌は肌トラブルの原因

角質層にうるおいをあたえている成分のうちのひとつであるセラミドは、肌の弾力にも大きく作用しています。
セラミドの量が減ってしまうと、ハリのない老けた印象の肌になってしまいます。

また、セラミドには肌の細胞と細胞を結びつける働きがあり、この働きによって肌は外部からの刺激に耐えうるチカラを得ることが出来るのです。

人間の肌は、日頃からさまざまな刺激に晒されています。
例えば、太陽の熱や冬の凍てつくような寒さ、強い風、ダニ、チリ、ホコリ、雑菌など、さまざまな要素が肌の表面にのしかかっています。

肌の水分が不足して引き起こされる乾燥性敏感肌は、これらの刺激すべてに弱くなり、ちょっとしたキッカケでヒリヒリとして痛みを感じたりかゆみを感じたりしてしまいます。

また、特にセラミドの量が減少してしまうと、この乾燥性敏感肌を招いてしまうと言われています。
肌の細胞と細胞を繋ぎとめ、弾力とハリを与えるセラミドは、肌を外部の刺激から守る大切な役割りを果たしており、このセラミドの減少は乾燥性敏感肌に直結するといっても過言ではありません。

 

乾燥性敏感肌が起こる仕組み

乾燥性敏感肌は、肌の表皮と深く関係しています。

この人間の皮膚を構成している3つの層のうちでも、いちばん皮膚の表面に近い位置にある表皮に限っては、厚さは約0.2mmと非常に薄くなっています。
そして、この0.2mmの表皮をさらに細かく見てみると、4つの層で構成されていることがわかり、皮膚の表面に近い上の層から順番に、1.角層、2.顆粒層、3.有棘層、4.基底層という順番で構成されていることがわかります。

この、表皮を構成している4つの層である角層、顆粒層、有棘層、基底層のうち、もっとも肌の表面に近い部分にある角層の厚さは約0.02mmと非常に薄くなっており、洗顔をおこなう際には傷をつけないようにして丁寧に扱わなくてはなりません。

この厚さ0.02mmの非常に薄い角層は、お肌の水分を保持したり、お肌を外部の刺激から守ったり様々な役割りを果たしているのです。

肌の水分量が不足すると乾燥性敏感肌となってしまいます。
乾燥性敏感肌を防ぐには、水分を保つことが大切です。

手足の敏感肌対策

冬場は洗い物や洗濯など水を使う仕事をしていると心配になるのが手の敏感肌。
また年齢を重ねると足も硬く、乾燥して敏感肌になりますよね。

そんな手足の敏感肌にお悩みの方のために、すぐできる手足の敏感肌対策を紹介したいと思います。

手足の末端神経は心臓から遠いため血管が縮まりやすく、血液が滞りやすいため体温が冷えやすいという特徴があります。
体温が冷えると代謝が衰えるため肌の保湿力が失われやすい部分でもあります。

また、手足は複雑な動きに対応できるように神経が集まっているため刺激に敏感で、ちょっとした痛みやかゆみでも気になるという特徴があります。

そのため手足の敏感肌対策は手足が冷えた際温め、結構をよくすると効果的です。
洗い物や洗濯など水場のお仕事で手の油脂が洗い流され乾燥しやすくなっている場合は乳液を使い適度に保湿ケアを行いましょう。

また、足は体重を支えるという体の中で最も負荷のかかる場所なので皮膚も厚く、ダメージを受けやすい箇所でもあります。
そのダメージから皮膚を守るためにはお風呂上りなどに定期的に保湿ケアをし、敏感肌を予防しましょう。

手足は生活を送る上で最も重要なパーツであるため、敏感肌にならないためにスキンケアを行いましょう。

敏感肌とストレスの関係

ストレス社会とも言える現代ではストレスで肌トラブルを引き起こすことも多くあります。
実際にストレスによる後天的な敏感肌は年々増加しており、ストレスで美容や健康を失うことは問題視されています。

ここでは、敏感肌にならないためのストレス対策について紹介したいと思います。

睡眠は代謝を整えるだけではなく、ストレスを解消してくれるため十分な睡眠時間をとることは何よりのストレス対策となります。
しかし多忙であったり寝つきが悪かったりと睡眠不足になりがちな現代では安眠できるグッズなども多く現れています。

少ない睡眠時間を効率的に活かすにはハーブやホットミルクなどが効果的です。
また、ハーブにはストレスを解消し、お肌にも優しいため敏感肌対策には特に効果があります。

次にオススメする敏感肌のストレス対策は適度な運動です。
運動は体の代謝を促進し、筋肉をほぐすためストレスで硬く緊張した体をリラックス状態にしてくれます。
多忙な方でもラジオ体操のようなストレッチを10分ほどするだけで劇的な変化を見せるのでオススメです。

あなたの美容と健康を守るためにもストレス対策を行いましょう。

日焼けと敏感肌の関係

敏感肌とは肌が乾燥し、肌が外の刺激に弱くなっている状態のことを言います。
そのため紫外線で肌を傷め、肌の保湿力が失われると乾燥しがちな敏感肌へとなります。

また、夏場の日焼けの影響は時間差があり、秋や冬に乾燥肌として現れることもあるため日焼け対策は重要となってきます。
ここでは、敏感肌にならないための日焼け対策について紹介したいと思います。

日焼けは夏だけのものと思いがちですが、総合的な紫外線量は冬もそれほど変わりません。
そのため冬場の紫外線対策も重要となってきます。

紫外線にはUVAとUVBがありますが、UVAは冬場も紫外線量がそれほど変わらないため、夏はUVB、冬はUVAを中心に対策を行うといいでしょう。

また、日焼け対策をしていても肌は水分をどんどん失います。
肌に残った化粧や汚れが日焼けの原因になることもあるため、日焼け対策を行う際は洗顔やクレンジングできちんと隅々まで汚れを落としましょう。

そして、日焼け止めクリームを塗る前にしっかりと化粧水で水分を補充し、乳液でフタをし保湿ケアを行います。
日差しが強いと思ったら化粧水や乳液の量を増やすなど調整を行うと更に効果的です。
紫外線からあなたの美肌を守って、敏感肌対策を行いましょう。

生活習慣を改善して敏感肌を治そう!

敏感肌の原因である肌の乾燥は、規則正しい生活を送ることで改善できます。
また、規則正しい生活は生活習慣病の予防や美肌を守る上でも欠かせません。

ここでは敏感肌を改善できる生活習慣の改善法について紹介したいと思います。

肌のターンオーバーなどには新陳代謝が関わってくるため、代謝を保つことが美肌を守る上で重要となってきます。
しかし、代謝は年齢を重ねるごとに衰えるため、代謝を落とさないために適度な運動やバランスの取れた食事が大切です。

女性の場合、ダイエットで炭水化物を抜くなど偏食気味に陥ると代謝が落ち、肌が荒れがちなので気をつけましょう。

また、代謝には睡眠時間や体温も密接に関係してきます。
睡眠時間が少ないとホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーを乱すため1日6時間を目安に十分な睡眠を取り、疲労を癒しましょう。

体温が低いと血流が弱まり、代謝が落ちるため冷え性の方は特に手足が冷えぬように厚着をし、マッサージで冷えにくい体作りをしましょう。

あなたの健康を美肌を守るために規則正しい生活を心がけましょう。

敏感肌にオススメの化粧水

敏感肌は肌が乾燥し、水分不足に陥って起きる場合がほとんどです。
乾燥した砂漠のような肌をイメージすると分かりやすいでしょう。

砂漠のように水分が失われた肌は砂漠のようにちょっとした刺激で崩れやすい状態へとなります。
そのため、化粧水で水分を補充し肌に潤いを与える必要があります。

ここではそんな敏感肌にオススメの化粧水であるリペアジェルについて紹介したいと思います。
乾燥して弱っている肌にアルコールなどの刺激物は敏感肌を進行させてしまうため無添加のリペアジェルは敏感肌に特にオススメです。

また、リペアジェルは8種類の必須アミノ酸を含み100%植物由来の保湿成分を配合しているためダメージを受けた肌を回復してくれます。
アンチエイジング効果もあり最近、化粧のノリが悪くなったという方にも満足していただけます。

リペアジェルはその効果の高さから愛用者は多く、7年以上の長さに渡ってテレビや雑誌で取り上げられるほど人気です。
プロのメイクアップアーティストも絶賛している確かな実績のあるリペアジェルで、あなたの敏感肌を予防してみませんか?

敏感肌化粧水の選び方

敏感肌は肌の乾燥が原因のほとんどと言われています。
しかし、その肌の乾燥は普段からのスキンケアや生活習慣の積み重ねによって起きる場合がほとんどです。

特にスキンケアをする際に重要となってくるのが保湿ケアをする際に使う化粧水です。
ここでは、敏感肌の人のために正しい敏感肌化粧水の選び方を説明したいと思います。

化粧水で落とし穴となるのがその成分です。
化粧水は肌に水分を補充し潤いを与える目的で付けますが、美白成分や爽快感を謳い文句にしている化粧水に踊らされていませんか?

化粧水は洗顔料やクレンジング液と違うため洗浄成分よりも潤い成分を重視し、肌に刺激のあるアルコールなどが無添加のものを選びましょう。

また、乳液成分配合と謳われているものの中には体に有害な石油系界面活性剤が含まれているものもあるため成分はきちんとチェックしましょう。

保湿成分以外にもビタミンやコラーゲンなど美肌成分を配合した化粧水を肌の状態に合わせて使うことも効果的です。

成分に問題がなくても化粧水などの肌に使うケア用品はサンプルなどで肌に異常がないか試して使うことがオススメです。

時間差で肌に異常が現れるケースや目に見えない範囲で徐々に悪化するケースもあるため、化粧選びは慎重に行いましょう。